人気ブログランキング |

赤ちゃんは、いつから友達と遊ぶの?

ベビーサイン*マッサージ012教室
お手てでギュ!秋谷です。
d0165589_17402061.jpg
花小金井駅より徒歩1分の会場で、
5組の0さんとママとベビーサインレッスン。
d0165589_17424447.jpg
d0165589_17434870.jpg
ママ達に、
「最近、嬉しかったり楽しかったことは?」
って質問すると、
「今までは近くにいても、関心を示さなかったお友達のことをじっと見たり、
近付こうとする様子を見られました♡」
「離乳食を食べるようになってくれました♡」
など、
日々成長しているお子さんの変化をよくキャッチして、喜んでいるママ達の姿が見えてきました。

小さなわが子の成長、とても嬉しいですよね。
それと同時に、
ママ自身も、自分が楽しむことを忘れないでくださいね。
それは「育児を楽しむ」でも良いけれど、
ママ自身の心が楽しい☺︎と感じることもしてね。

さて、赤ちゃんは、
いつからお友達の存在に興味をもつのでしょうか?
d0165589_17563708.jpg
d0165589_17563806.jpg
お座りができるようになると、
視界がぐんと広くなります。
さらに、ズリバイやハイハイをし始めると、
行動範囲が広がり、
さらに、赤ちゃんの世界は広くなります。

個人差があるけれど、
6、7ヶ月で自分にとって信頼できる人や環境が分かるようになるので、
この時期に人見知りや場所見知りが始まることも多いかもしれません。
そこで、安心できるママ(家族)がそばにいてくれると落ち着き、
この時期ぐらいから、キョロキョロと周囲に興味をもちます。
それは人でも、物でも、何でも。

先に触れましたが、
運動能力が高まることで、
自ら、面白いもの、興味があるものに触れ(探索行動)
それらが、どんな感触なのか知ろうとします。

ベビーサイン教室や勤務先の児童館では、
この時期の赤ちゃん達はみんな、
同じくズリバイやハイハイしているお友達に突進して、頭やお顔を触ろうとしたり、
時に、髪の毛を掴んで離さなかったりもします。

この時期はまだ、「お友達と遊ぶ」という概念はなく、
「興味があるもの」という表現がしっくりきます。

1歳前後になると、
物の受け渡し「どうぞ」ができるようになるので、
そのやりとりなどで、お友達に一方的に物を渡したり(取り上げたり)して関わりをもつようになります。
まだまだ大人の援助が必要ですが。

1歳半ぐらいまでは、
同じ空間を共有しながらも子どものペースで、
でも刺激を受け合いながら、
お友達と関わっていきます。

それ以降、2歳近くなると、
少しずつ自らお友達と遊べるようになってきます。

このような発達の流れがあるから、
幼稚園の多くは、3歳から通園できる園が多いとも言われています。

お手てでギュ教室は、
この0〜1、2歳の期間を、
ベビーサインを学びながら、お友達との関わり(集団)をも経験し、
お子さんの心と身体を健やかに育てます。
d0165589_18271747.jpg
自らお友達と遊ぶ時期がくる前に、
お友達と関わり合うわが子の姿を見てみませんか?

「ほお〜こんな感じなのね。」
と感じるママも多いですよ!

この教室が、良い出会いの場となりますように☺︎

お申込みやお問い合わせはこちらから↓


by otetede-giu | 2018-12-04 17:39 | ベビーサイン花小金井教室 | Comments(0)

指先の知育とは?

ベビーサイン*マッサージ012教室
お手てで、ギュ!秋谷です。

11月になりましたね。
入った途端に、
「今年もあと少し」
「平成も残り半年」→2019.4.30までですって!
「年賀状販売開始」
とメディアが報道し始めて、
さらに、
インテリアショップのキラキラなクリスマスCMが流れ出して、
私は、
〈おお〜そうなのね〜〉と、ぼんやり感じているところです。
☺︎年賀状の家族写真は、何にしようかな?と考えています☺︎

あっ!(・∀・)/
お手てで、ギュ!のクリスマス会☆は、
内容も
アート(工作)も
バッチリ考えてあります。
諸々、必要な物オーダー済み♡

日程は、週明けにお知らせできると思うので、
楽しみにしていてください。

さてさて、本日は、
指先から始まる知育について。
d0165589_09420745.jpg
そもそも、「知育」とは?

自分で考える力を養う教育のこと。

話をちょっと変えて、、、
2020年度から、大学入試が変わります。
それは、学習したこと(経験したこと)を
自らの思考力、表現力、判断力を用いて答えを導くものに改革される。と言われています。
それに伴い、
小学校のプログラムでは、
コミュニケーション能力を養うもの、
自分の言葉で表現するもの、
などが総合的学習にどんどん入ってきているように感じます。
d0165589_09420871.jpg
でも、
「俺が 俺が!」で負ける事を嫌い、1番がすごいと親に評価されてきた子どもや、
「こっちが良いんじゃない?」などと親に選択を任せてきた子どもが、
突然、自分で考えて、判断して、表現しましょう。と言われても無理なんです。
d0165589_09420950.jpg
親も子も、出来ることなら
0歳の今から心がけて欲しいです。

そこで、話を戻しての「知育」
そんな流れで、赤ちゃんからの知育が注目されるようになりました。
あえて言葉にしなくても、
そのように育てられてきたなぁと思うママやパパも多いはず。

目的を意識すれば、お家でも簡単にできます。
ですが、
こうすれば良いのか!という実例を体験するには、お手てでギュ!教室もオススメです^ ^(宣伝!)

小さなわが子との知育は、
見る
聞く
触る
が基本です。

見るの手軽な実例は、
d0165589_09595846.jpg
絵本の読み聞かせですね。
d0165589_09595977.jpg
聞くは、
言葉を掛ける=お話する。
歌う。や、ふれあい遊びも良いですね。
d0165589_10032792.jpg
まだ言葉を使わないからと言って、
無言になってはいませんか?

0歳の赤ちゃんは、お話できないだけで、
ちゃんと理解していますよ。
いっぱい言葉掛けしてくださいね。

そして、触る。
そう、触るこそが指先の知育です。
指先は脳に直結している感覚器なので、
赤ちゃんの発達において、大事な部位です。
月齢により指先の知育のオススメは異なりますが、
1歳からはシール貼りが良いです。
d0165589_10215160.jpg

d0165589_10215207.jpg

d0165589_10215390.jpg

d0165589_10215404.jpg

d0165589_10215529.jpg
お口になんでも入れちゃうから不安。
というママが多いと思いますが、
「これは、シールだよ。」
「ペタペタくっつくね!」
「モグモグ、食べものではないよ。」
と言葉掛けしながら、
わが子の指先に、シールの感触を経験させることが大事です。

食べちゃいそうだから、
先走ってママがお子さんのシールをぺたんと貼ってしまったり、
嫌がる様子なく、シールを指先にくっつけて触っている途中に、
お子さんの手をググっとつかんで、台紙に貼らせちゃうのも×です。

触りながら、「これは何かな?」って自分の頭で考えているところですからね。

シール貼りを通しての指先の知育をご紹介しました。
ちなみに…
見る
聞く
触る
がオールマイティーでできるのが、
ベビーサインです。(再...宣伝(о´∀`о))

今年度最後!!
ベビーサイン開講クラスはこちらから。
お問い合わせもお気軽にどうぞ!


by otetede-giu | 2018-11-02 09:23 | その他 | Comments(0)