話し言葉が遅いのは、ベビーサインのせい?

ご訪問ありがとうございます。

東京のベビーサイン教室
お手てで、ギュ!秋谷です。

ベビーサイン教室の卒業生ママ達と、
一緒にランチしてきました。
(Oちゃんママ、楽しい企画ありがとうー^ ^)
d0165589_17034364.jpg
小さかったみんな☺︎
かっわいいー! 
今も変わらず可愛くて♡
一緒に遊んだり、
抱っこさせてもらったり、
ほっぺツンツンしたり、手をつないだり、
そんな時間が幸せでしたー。

動きの敏感期の子を追いかける時、
ついつい息子の名前を呼んじゃったりして(笑)
もう、孫の域だわ( ̄∀ ̄)
d0165589_17061269.jpg
1歳半を過ぎ、2歳になるお年頃のみんな。

話し言葉の習得が早く、
言葉でコミュニケーションをとる子
話し言葉を練習中で、
ベビーサインでコミュニケーションをとる子。
それぞれです。

卒業生のママ達へ、
これからベビーサインを始めるママ達へ、
声を大にして伝えたいことが1つできました。

それは、
【言葉の遅れは、ベビーサインを使ったからではありません!】

あるママは、
1歳半健診の際に、助産師さんから。
あるママは、
2歳前にして、パパから。
あるママは、
2歳過ぎに、お義母さんから。

「言葉が遅いのは、
ベビーサインを使ったからじゃない?」
と言われた。
とのこと。

ママ達は、
「そんな事は無い。サインがあったからこそ、今まで子どもの気持ちが分かって、助けられてきたんだから」
否定しています。
ただ、プロや身近な家族から言われると、
現状(言葉が遅い)があり気にしているので、
気持ちが晴れません。
そうなのかな…疑う気持ちが生まれてきてしまうかもしれません。

だから、もう1度伝えますよ。
【ベビーサインを使ったからといって、
話し言葉が遅くなるということはありません】

そもそも、言葉の遅れって、何歳で遅れているのか知っていますか?

○1歳半(健診)で確認すること○
言葉には音だけではなく、意味があります。
その言葉(意味を伴う)を2つほど理解できているか。

例えば、、、
ある自治体では、写真や絵を見せて、
「いちごは、どれ?」
とか、
「滑り台は、どこ?」
とか質問して、指差しで答えるさまを見ます。

○3歳(健診)で確認すること○
二語文が話せているか?

例えば、、、
「バナナ 食べたい」
「本 読む」
とか、日常会話をしながら見ています。

ということは、
3歳まで二語文が出ていない時は、
言葉が遅い(言語発達遅滞)となるのです。

最近は、発達の早い子も多く、
早い発達が良いこととされ、
少しでも周囲の子と違うと、遅い!と心配されます。

でも、発達には、
大きな個人差があるのですよ。

その子が、
慎重で穏やかな性格だったら?
第一子で大人が周りに多く、要求せずとも満ち足りている環境だったら?

言葉が遅い子は、そもそもゆったりとしている子。
サインを使わなくとも、同じ成長だったはず。
いやいや、
サインを使ったからこそ、
コミュニケーションを楽しめている今があるのです。

ママやパパが、
「早くわが子と話したい♡」
と思う気持ちはわかります。
だけど、
周りと比較して、
「うちの子は言葉が遅いから、早く話さないかなー」
という焦りの気持ちはダメです。
その気持ち、わが子に伝わっています。
そして、のびのび話したい気持ちを挫きます。

もし2歳を目の前にして、
一語文が話せていない時は、
こんなアプローチがお勧めです。

「この絵本とこの絵本、
どっちを読んで欲しい?」
「こっちー?」
「こっちー?」

そう!子どもに選択させてください。

はじめは、指差ししていただけのお子さんが、
「ちーーっ!」
と真似るように、その音を口にしたり、
何度か伝えるうちに、
「こっち!」
と言えるようになることは、とても多いですよ。

自分で決定できる喜びと、
伝える喜び。
選択することで、それらを体感できるからです。

繰り返します。
「ベビーサインを使った(か)らといって、
話し言葉は遅れません。」

育児の主軸であるママの思いに寄り添ってください。

by otetede-giu | 2018-01-30 16:54 | ベビーサインとは? | Comments(0)

ベビーサインは必要?

秋は新しい出会いも多く、
最近、ベビーサインって必要ですか?
ってご質問を受けることが多いです。
d0165589_11301116.jpg

私の答えはシンプルです。
「ママやパパがベビーサインでお話ししたい。と思ってくださるなら、お子さんにとっても必要なものになります」

まだおしゃべりできないお子さんを育てているママ達は、
お子さんの反応や表情など、そのわが子の全身から発する全てをくみ取って、過ごしていますよね。それは親として、ごく自然なことです。
私も社会人となり、初めて子育て支援施設に働き始めた時、
子ども達の様子を常に見て、その心身の変化を見逃さないよう配慮してきました。
それは、私的目線での解釈で、です。

20代、お仕事し始めた頃は、
子どもの発達などが頭での知識でしかないため、
利用者さんであるママ達や、経験することで学びました。
d0165589_11385236.jpg

今、初めてママになった人達も、
頭の中の情報と、目の前の赤ちゃんの命や健康に多くの時間を費やしているでしょう。

でもね、私がこの20年で学んだことは、
赤ちゃんや子どもって、守られるだけの弱い存在でなない。ということです。

小さくても、ちゃんとわかっている。

言葉をもたないから、
泣いたり、怒ったり、ジタバタするしかないけれど、
言葉と同じように、ベビーサインを教えたら、
小さくても、たくさん伝えてくれる。
ママ達が全てにおいて、思いを見立ててあげなくたって良いんです。
いや、
逆に、大人目線の解釈は、時にズレているんだな。と気付かせてくれるのです。
d0165589_11461572.jpg
私(ママ)が側にいないと・・1人で大丈夫かな。
な子育てから、
わが子は、自分の思いを伝える力がしっかりある! わが子は大丈夫。
と、
わが子のことも、自分自身のことも自信をもって、親子で育ち合えるのが、
ベビーサインだと思っています。

それは必要ですか?
の質問には、
自分が必要だと感じたなら、
「私には必要」なのです。
d0165589_11580960.jpg
必要な方に、届けーーー‼︎
○ベビーサイン@お手てで、ギュ!教室○
現在、秋の開講クラス募集中です。
※お問い合わせは、こちらからどうぞ↑


by otetede-giu | 2017-10-10 11:02 | ベビーサインとは? | Comments(0)

ベビーサイン基礎コースについて

こんばんは。ベビーサイン&マッサージ@お手てで、ギュ!教室の秋谷です。

今日は、当教室で開講中の
ベビーサイン「基礎コース」と「継続コース」についてのご説明です。

まず、「基礎コース」について。
ベビーサインをはじめよう!と思ってくださったママ(パパ)&ベビーがはじめて通うコースです。
開講日程は、月1回レッスンで半年間の全6回コース。
内容は…
L1:身の回りにあるもののサイン・ベビーの生活習慣に便利なサイン・ごあいさつサイン
ex)ボール・本・電気・おっぱい(ミルク)・飲む・おむつ(替える)・おふろ・ねんね(おやすみなさい)

L2:身近にいる生き物・離乳食に便利なサイン
ex)イヌ・鳥・食べる・バナナ・リンゴ・もっと・おしまい・ごちそうさま

L3:お天気・自然・お散歩に便利なサイン
ex)雨・風・お日さま・葉っぱ・お星さま・散歩・お家・バギー・だっこ

L4:動物サイン・初歩的な形容詞・お友達と遊び時に便利なサイン
ゾウ・ライオン・ウサギ・亀・大きい・小さい・貸して・待って・おりこうさん・順番

L5:食べ物サイン・形容詞サイン・感情サイン
かぼちゃ・にんじん・トマト・イチゴ・うどん・痛い・危ない・嬉しい(楽しい)・悲しい

L6:乗り物サイン・トイレットトレーニングに便利なサイン
車・電車・飛行機・船・ウンチ・おしっこ・座る

以上の「おすすめサイン」に、毎回、
サイン遊び歌・手遊び(ふれあい遊び)・読み聞かせ(パネルシアター)・サインを効率よくマスターする技、
各種アクティブティ(工作・わらべうた遊び・布遊び・音楽あそび・いれこ等)をプラスして、
1時間ほどのレッスンを行っております。


ベビーサインといえども、
お子さんの月齢や発達、気質、好みなどによって、
見せるべきサインや見せ方って違うのです。
お教室では、サインをより効率良く学ぶために、
おひとりづつ、様々なアドバイスを行っております。

おかげさまで、ベビーにもママ(パパ)にも楽しいです♪とのご感想をいただいております。
また、ベビーが最も信頼してるママをサポートするべく、
参加されるお子さまの月齢や個性にあったお話&アドバイスも、毎回のレッスン前後にさせていただいています。
こう書くと、固く立派な印象になってしまいますが…
元来、人好き&おはなしすること・聞くこと好きの性格のため、
受講くださる全てのママとコミュ二ケーションを図りたいと思っています。

ベビーサイン☆なんといっても、コミュニケーションが楽しく深くできる育児法ですから、
まずは、大人の私達から、そのようにしたいものですね!

長くなりましたが、まずは、基礎コースの説明でした。

049.gifベビーサイン&ベビーマッサージ@お手てで、ギュ! 049.gif
東京都小金井市・国分寺市・小平市・西東京市でベビーサイン・ベビーマッサージ教室、子育てサロンをしています☆ 
029.gifお問い合わせは…055.gifotetede_giu@yahoo.co.jpまでお気軽にどうぞ!!

by otetede-giu | 2012-11-29 22:55 | ベビーサインとは? | Comments(0)

ベビーサインとは?(2)

ベビーサインをすることによって得られるメリットは、大きく4つあります029.gif


①親子の絆・愛情がとても深まります。

ママやパパが、赤ちゃんに言葉掛けしながらサインを見せる=手を添えることによって、
赤ちゃんはママ達の顔や声を認識し、反応し、手をバタバタさせて喜びます。
歩くようになると、ママ達が教えたサインをまねっこしたり、サインで気持ちを知らせてくれたり…と、伝えたら伝えた分だけその小さなお手てで、ちゃ~んと返してくれるのです016.gif

一方通行ではない思いに、わが子を抱きしめたくなる場面がいっぱいです!


②赤ちゃんの安全・生活習慣に役立ちます。
この年齢(月齢)では身につけることのできない概念、「痛い」「危ない」「熱い」等の言葉が理解できるので、外側からでは分からない痛みを自らサインで教えてくれます。
(「喉が痛い」「お腹が痛い」など)

また、熱いお鍋やコンセントなどの危険箇所に対しても、ママから「熱いよ!」「危ない(から触らない)」と発信できるので、大変便利です。


③育児が少し楽になります。
赤ちゃんはお手てを使って、「ミルクが欲しいよ」「もっと歌をうたって!」「ボールで遊ぼうよ☆」などの欲求や気持ちを伝えることができます。
また、それを理解してもらえるという安心感があります。

それは、ママも同じ。
分かってあげられるという自信から、育児に対してのフラストレーションが軽減します!


④話し言葉の習得を早める効果がある。
サインを使うと、話し言葉の習得が遅くなるのでは?」と心配される方もいらっしゃるでしょう。
それは、大きな誤解です。
ベビーサインの研究者であるリンダ&スーザン博士らは、逆に言葉の習得を助ける働きがあるという研究結果を発表しています。

ベビーサインを使っている赤ちゃんは、物には名前があり、意味があり、その使い方も既に理解しているため、スムーズに話し言葉を身につけることができるのです。

サインでのやりとりから、まわりの人とコミュニケーションを図る楽しさも既に知っています。


以上大きく4つのメリットをあげましたが、人により、家族により、得られるものは様々です。
また、ベビーサインを使っているから万事上手くいく!とは…ならないのが子育てですよね。


わが家の1才4ヶ月のei*にも、ベビーサイン育児を進行中です♪
ei*のサインエピソードなどもこのブログに載せていきたいと思っています!
d0165589_432375.jpg

by otetede-giu | 2010-06-06 04:32 | ベビーサインとは? | Comments(0)

ベビーサインとは?(1)

「ベビーサイン」…子育て中や、子どもに携わっている方なら1度は耳にしたことありませんか?

1970年代にアメリカで生まれたもので、まだ言葉を話せない赤ちゃんとお手て049.gifをつかって、簡単な手話やジェスチャーでコミュニケーションを図る育児法の1つです。

お座りした赤ちゃんが、
「指を差して、喃語(意味を持たない言葉)でお話しているけれど、何を伝えたいの?」

2歳のお誕生日が近くなり、たくさんおしゃべりするようになったけれど、肝心なところでは、気持ちが先走って言葉で伝えきれずに、怒って泣き出してしまうわが子に、
「大丈夫!ゆっくりとお話しすればわかるから。もう1回言ってみて!」

…という体験をした方、多いのではないでしょうか?

私も、その1人です。
私の場合は、児童館という子育て支援に関わる所で働いていたことから、子どもの心・考えは、その子の様子やその前後の行動をしっかりと見て、コミュニケーションがとれていればわかるという思いがありました。
しかし、今8歳のお誕生日を迎えようとしているお姉ちゃんが、「イヤイヤ期(2歳)」の頃、子どもの言葉で伝えることのできる限界と、<伝えているのに…なぜママはわかってくれないの!!>という心の叫びの間で、よく悩み、悲しみ、イライラもしました。

そこから、子どもの心に寄り添って気持ちを察してあげることも大事だけれど、それは、<こう感じているのではないかな>と私が読み取ったものにすぎず、本来赤ちゃんだって(もちろん子どもだって)、自分のいいたいことはあるんだ!!ということを再確認しました。

子どもの思いを自発的に伝える手段として、「ベビーサイン」がとっても有効なのです。

現在1歳4ヶ月の下の子は、8ヶ月からベビーサインを教えたのですが、
喉が乾いたら…「飲む」のサイン
もっと食べたいよ…「もっと」のサイン
窓に指を挟めてしまったら…「痛い」のサイン
お散歩中に目にしたもの…「お花」「犬」「電車」「赤ちゃん」「ヘリコプター」のサイン
写真を見ながら…「パパ」「ねえね」「ママ」のサイン

など、たくさんのサインをかわいいお手てと効果音(少しの単語と喃語)で伝えてくれます。

d0165589_248459.jpg


←帽子のサイン


d0165589_2593735.jpg



「おいしい」のサイン→








056.gif子どもに「語り掛けながらサインを見せる」という毎日の繰り返しこそが、たくさんのアイコンタクトを生み、同時にお互いの絆も愛情も深まるっていくのです056.gif

by otetede-giu | 2010-06-05 16:59 | ベビーサインとは? | Comments(0)