人気ブログランキング |

【はじめてベビーサインを見せたら…】

【はじめてベビーサインを見せたら…】

ブログをご覧いただいている方は、
ご存知の方が多いと思いますが、
「ベビーサイン」とは、
まだ言葉で思いを伝えられないお子さんが、
手話やジェスチャーがベースとなっているお手手の動きを通して、
コミュニケーションを深める育児法です。

はじめてベビーサインを見せると、
わが子はどんな反応をしてくれると思いますか?

月齢などによっても異なるため、
今回は1歳3ヶ月の男の子と、6ヶ月の女の子の様子を見てみてくださいね!
d0165589_17181840.jpg
使うベビーサインは、「ボール」です。
d0165589_17194518.jpg
実際にボールをつかって、遊びながら、
「ボールだね〜」と言葉とサインの2つで話し掛ける。

何度かサインを見た後に、
自分でも、「ボール」と両手を使って真似をしてくれました。
d0165589_17194656.jpg
*「ボール」のべビーサイン*
左右の手をボールに見立てて、胸の前で
手の平を合わせるように、空気が入り弾む感じを表現する。

あれ?胸の前じゃない。位置が違う!
って思った方もいらっしゃるかもしれないですね。

はじめてのベビーサインは、
小さなお子さんが話す言葉と同じように、
はじめから完璧ではありません。

位置が違ったり、
形が違ったり、
使う手が違ったり、
などと、まだ未完成なサインが多いのです。

なので、この男の子も、
胸の前ではなく、
自分の頭を挟んで、「ボール」と応えてくれたのですね。
d0165589_17194878.jpg
だんだん頭から、お顔に手を下げて、
またボールのサイン。

また違うボールで遊びながら、
「ボール」のサインを見せて、言葉でも話掛けます。
*レッスンでは、ママ以外にもベビーサインを見せてもらうペアワークやグループワークの時間を設定しています。
ママは、お家でわが子にたくさんサインを見せることができるので、あえてわが子以外のお子さんに見せることで、たくさんの気づきがありますよ。
d0165589_17380519.jpg
「ボール」という言葉をお耳で聞いて、
聞こえたからこそ、お顔を上げて、
d0165589_17380691.jpg
サインもよ〜く見ています。
d0165589_17380784.jpg
まだまだ集中して見ています。

はじめて(未経験のもの)に出会うと、
子どもは、ジーッと観察して、
静止して、真顔で考えます。

大人は、
感受性豊かな子どもたるもの、すぐに反応を示すと思っているかもしれませんが、
こんなに小さな子たちも、
それは それはよ〜く考えるのです。

1歳3ヶ月の男の子は、
すぐにボールのベビーサインを理解して、
サインを使えるようになりました。

それだけの理解力が脳に備わっている年齢であることと、
手、指、腕の運動機能も、サインができるまでに発達しているからですね。

では、ベビーサインをスタートするの良い時期とされる6ヶ月のお友達の場合も見てみましょう!

ボールという言葉を聞きながら、
話し掛けてくれるお友達のママを、
こちらもよ〜く見ていますね♡
d0165589_17470151.jpg
安心するママのお膝に手をおきながらも、
よく見ています!
d0165589_17461438.jpg
おやっ?なんだろう?そのお手て。
色んな思いで、また見ていますね。
d0165589_17461595.jpg
こんなにも視界が広く、興味深く、
見せはじめたばかりのベビーサインを見続けることができるのです。
d0165589_17470487.jpg
サインを使うことは、
言葉を聞かせる機会となり、
話し掛けも増え、
手の動きを見せることで見る力も備わり、
同時に、わが子と自然に触れ合えます。

しかも、教えているのは、
一方通行ではないコミュニケーションです。
d0165589_17561919.jpg
10ヶ月後には、
こんな風にシール貼りが器用にできる指先と、
d0165589_17562097.jpg
自分から、
ベビーサインでお話することができるようになるんですよ。

バイバイ!ってできない子がいないように、
ベビーサインを使わない子はいません。

ウチの子、、使わないなぁ。
と思っているママは、
何かが違うのだと思います。

その何かを知りたい方は、
ぜひ一度ベビーサイン体験してみてくださいね。

言葉を上手に使えるようになる2歳半ごろまで、
ベビーサインは有効ですよ。

各会場のご案内やご予約はこちらからどうぞ


by otetede-giu | 2019-07-14 17:07 | ベビーサインとは? | Comments(0)