0歳の子をもつパパへ

ベビーサイン・マッサージ012教室
お手てで、ギュ!の秋谷です。
d0165589_21552892.jpg
今日は、0歳の子をもつパパに向けて発信しますね。

0歳は、「母子一体」の時期と言われています。
赤ちゃんは、
自分とママが、別の人格であるという区別ができていません。
少しずつ違いが分かるようになると、
ママの姿を探し、そばにいることを確認して安心し、愛着関係や自己肯定感を育てていきます。
d0165589_14323793.jpg
ママは、赤ちゃんをたくさんのパワーを使って産み、
産んだらすぐに、3時間毎の授乳。
泣いたら抱っこしたり、オムツを替えたり。

なりふり構わず、産んだばかりの小さな命を危険にさらさぬよう、
細心の注意を払いながら守り、お世話します。

日に日に発達するわが子と向き合い、
初めてのことに悪戦苦闘する日々。

さぁ、そんな時、
お家には、もう1人家族がいませんか?

そう!パパです。

赤ちゃんが1歳になるまでのパパの役割は、
妻のお話を否定せず、
「だから結論は?」とか急かさずに、
とことん聞くことです。

それから、
赤ちゃんのお世話に追われて、
手が回らない家事(夕飯のお皿洗いや洗濯物畳みなど)を、「やろうか?」とも聞かずに、
ササッと片付けてください。

もっと心身ともに余裕があるパパは、
「赤ちゃんは見ているから、お風呂に1人でゆっくり入っておいで」
と、ママに1人時間をつくってください。

パパも1日お仕事をしてお疲れですよね。
ママも1日家事と育児に加えて、
お茶1杯をゆっくりと飲むことができない…
自由がない、時間をコントロールできないストレスとも戦っているのです。

プチ1人時間で、ママは救われます。
夫に感謝し、家族としてどんどん信頼していきます。

もし、ママが泣いてばかりいる赤ちゃんにストレスを感じているようなら、
パパが、赤ちゃんを1人で見ることを怖い…できないと感じているようなら、
ぜひ、ベビーサインを学びに来てください。
d0165589_14374554.jpg
※お写真は、日曜クラスのステキなご家族の様子☺︎ 文面とは関連がないのですが、
このお写真の笑顔を見ると、笑顔をもらえちゃう!!良い写真〜🎵


家族みんなでコミュニケーションが取れる。
わが子の気持ちが分かるようになる。
d0165589_14392442.jpg
はじめの1歩は、
こんな風に、わが子(赤ちゃん)を囲んで、
家族やクラスメートさんと一緒に、お歌や手遊びを楽しむことから始めますよ。
d0165589_14392527.jpg
家族みんなで歌うと、、、ホラッ!!
わが子も真似っこして、
嬉しそうに全身で応えてくれる♡

パパに「〇〇してください」という表現が多かったかもしれません。

16歳と9歳の子をもつ私の体験と、
ベビーサイン教室に通ってくれている(いた)500人近いママ達とのお話から感じていることを書いてみました。

縁あって家族になった人と、
自分達が心地良いと感じられるホームをつくっていきましょう!
お手伝いができたら、嬉しいです。

d0165589_15102656.jpg
ベビーサインお手てで、ギュ!012
秋谷 由紀(現役児童館勤務・子育て支援19年)
otetede_giu@yahoo.co.jp
080-1824-6929



by otetede-giu | 2018-08-30 21:49 | ベビーサイン小金井教室 | Comments(0)