赤ちゃん同士のやりとり@ベビーサイン花小金井

夏休みも終わり、通常モードに切り替えてお過ごし中のママが多いかな?

私も、得意の朝寝坊ぐせがついてしまったので、
今週から切り替え、切り替えーー‼︎

今日は花小金井クラスでのベビーサインレッスン。
明るくお話が楽しいママに会える楽しみや、
ベビーくん達がどのように成長したかなぁと、心待ちにしていました。

お休み明けのレッスンは、みんな様々な場所にお出かけしたり、
普段なかなか会えないおじいちゃんおばあちゃんにも会ってきたりしているため、
いったん、ベビーサインのことや私のことも、
え〜っと‥とリセットすることもあります。
月齢が低いとなおさら。

d0165589_18332842.jpg

d0165589_18334925.jpg

でも、こんにちは〜で始まる「はじまりのうた」をいつものように歌い始まると、
みんな、
「アッ‼︎」ってスイッチを入れて、知ってるよ!のお顔をしてくれます。

今日は、レッスンの中でのお子さん同士のやりとりから。
10ヶ月ごろになり、お子さん自ら動けるようになると、
みんな興味のある場所へお出かけしていきます。

今日も、そんな様子があり、
月齢が高い子の様子を、ジーッと見てから、
慣れてきたら、低い子も真似をするように動き出しました。
時に、同じものを欲しくなり、
相手の子から、お手てでグイッと奪ったり、
それをまた奪い返したり、
お顔などに怪我しないよう見守りながら、ママ達と様子をみることもしばしば。

集団の中ですから、相手の子に怪我をさせてしまうような一方的な無理やりの力任せはブッブーー!バツです。
ですが、
欲しいものを取ったり、取られたり、、
を経験させることは大事です。
ママ達にも、わが子が使っているおもちゃをグイッと取られてしまい、泣き出してしまった場合は、
「今ね使っていたから、少し待っていてね。」
など、相手のお子さんにも伝えていいんだよ。ということを繰り返しお話しています。
わが子ばかりに我慢させることはないのです。
「じゅんばんこだよ〜」
「あと30、待っていてね」
わが子に、「お友達が貸して〜って言っているね」
などと声掛けしながら、その言葉と一緒にサインを見せると良いです。

そんな風に接していると、
貸して欲しいおもちゃを前に、
お手てをパンパンして「かーしーてー」のサインでリクエストできるようにもなります。

今回の花小金井クラスでは、
貸してあげられるものは貸してあげたり、
ダメなものには、NOの反応を見せたりしながら
0.1歳児同士が穏やかに、やりとりしていましたよ。

心の成長が見えたレッスンでした。
嬉しかったです。

by otetede-giu | 2017-08-22 18:12 | ベビーサイン花小金井教室 | Comments(0)